歯の予防

歯医者で行われる予防歯科とは

歯科医院というと、以前までは虫歯などで何かトラブルが生じたら通う場所というイメージがありました。しかし、近年では、虫歯や歯周病などの病気の予防のために通う予防歯科の概念が定着しつつあります。 私たちは、身体の病気を早期発見するために健康診断や人間ドッグを受けます。それと同じように、歯の健康のためにも予防歯科は大切といえます。予防歯科では、重篤な症状に発展しないように色々な治療を行います。治療のひとつに、MTCがあります。これは、専用器具による歯のクリーニングです。普段の歯磨きでは落としきれない汚れを磨くことができます。虫歯や歯周病の予防に効果的です。 その他にも、3DSと呼ばれる治療は抗菌剤を歯に浸透させ、歯の表面に虫歯菌の付着を防ぐ予防処置です。一度の処置で、3ヶ月から半年ほど虫歯予防効果が期待できます。

良い歯医者を選ぶ時のポイントとは

予防歯科を受ける時は、やはり良い治療を行ってくれる歯科医院を選びたいものです。しかしながら、世の中にはたくさんの歯医者があります。その中から、どのように歯医者を選べば良いのか迷ってしまうことが多いです。 選ぶポイントとして大切なことは、歯科医院に実績があるかどうかチェックすることです。最近では、簡単に歯科医院のホームページや口コミサイトがあるので、医師の経歴や施術例、治療を受けた人の口コミを確認すると良いです。 その他のポイントは、先生が丁寧に対応をしてくれるかどうかです。丁寧な対応は、患者のことを一番に考えてくれる信頼できる歯科医院といえます。なかには忙しいという理由で、患者にきちんと向き合わないところもあります。そういうところは、トラブルにつながることも可能性があるので、注意が必要です。