歯を綺麗にする

健康な歯を抜いてはいけない

矯正歯科治療では、歯並びをきれいにするために健康な歯を抜くことが多いです。しかし、技術が進んできたことによって、歯を抜かなくても歯並びをきれにすることができるようになってきました。 また、ムシ歯の治療でもできる限り歯を抜かない方向に進んでいます。ムシ歯でも抜かないのに、歯並びをきれいにするために健康な歯を抜くのは間違っていると言う歯科医が出てくるのも納得です。 症例によっては、抜かないといけないこともありますが、歯を抜かずに治すと言うことが、今後は主流になるでしょう。あごの骨が発達段階にある子供の場合は、なおさら歯を抜くのには慎重にならなければいけません。もちろん、大人でも健康な歯を抜くのは問題です。

子供の矯正歯科治療は

子供の矯正歯科治療は、歯科医に丸投げではいけません。実際の治療は歯科医に任せないといけませんが、両親がいかに子供の不安を取り除いてあげるかが大事になります。 矯正歯科治療に不安を抱く子供は多いです。ですから、子供が自然に矯正歯科治療を受けなければいけないと思うようにしなければいけません。そのためには、日頃から歯に対する正しい知識を教えることが重要になります。ただ治療を押しつけると言うのではいけないのです。 歯並びが悪いと見た目の問題だけでなく、健康に悪影響が出てくると言うことをしっかり教えましょう。当然、両親も歯について勉強しなければいけません、しかし、子供のためなら面倒と思うことはないでしょう。